HOME14.バッファの管理をタブエディタ風に出来たら良いな

14.バッファの管理をタブエディタ風に出来たら良いな

lastupdate 2009.06.18

どうもこんにちは。

みなさん、
ヴィムってますか!?

そんな訳で、最低限の編集は出来るようになって以降、どうにも決定打に欠けるということで、仕事が立て込んでいる時はviを避けてしまったりしている今日この頃なのですが、まあそれじゃあいけないよねってことで、少しでもviを使いやすくしたい、と思った次第です。

秀丸さんとかの場合、たくさんファイル開いてタスクバークリックして切り替えたりしているのですが、viでバッファ内にたくさんファイルを読み込んだ場合、どうにもバッファ内の移動がしづらいなぁ、なんて感じておりましたので、その辺をすまーとに出来れば良いな、と言う事です。


vim7でtab機能が増えたみたいです。

ほうほう、良さそうじゃないですか。

tabnew <ファイル名>
とするみたいです。

タブ表示イメージ
上部にこんな感じでタブ表示されます。

tab関連では、
tabnew 新しいタブでファイルを開く
tabprevious 前のタブへ
tabnext 次のタブへ
tabclose タブを閉じる
なんかがあるみたいです。

でも、tabnewで新しいファイルを開いたとき、新しいtabで既に開いているファイルと新しいファイルの2つ分のバッファがありません?上手く説明出来ないのですし解決方法はあるかもしれないのですが、何かこの辺りがちょっとイマイチかなぁ、と。

minibufexpl.vimを試してみる。

これは、擬似タブエディタを実現する為のプラグインのようです。
インストール方法は、名無しのvim使い様に任せるとして、早速導入してみました。

minibufexpl.vimのタブ表示イメージ
上部にこんな感じで、ウィンドウ分割で表示されます。
ウィンドウ分割なので、Ctrl+W→k とかでタブ側のウィンドウにも行けたりします。
タブ側のウィンドウで :bw とか、 :bd とかやって消したとしても、:bp とか、:bn とかでバッファ移動したタイミングでまた表示されます。

内部的には単純にバッファに読み込まれているだけで、その内容が分割ウィンドウで表示される、ということで、これはかなり好みですね。

これでまた一歩ヴィムラーに近づけたんじゃないかと思います。

ついでにちょっとキーカスタマイズ

前にどこかのサイトで見つけたのですが、バッファ操作に関するキーカスタマイズを行うべく、vimrcに以下を追加しました。

map <F2> <ESC>:bp<CR>
map <F3> <ESC>:bn<CR>
map <F4> <ESC>:bw<CR>

F2で前のバッファに、F3で次のバッファに、F4で現在のバッファを閉じる、という割り当て。これ便利だなぁ。

それにしても、おまえはいつの間にバッファについて覚えたんだ?っていう疑問はありますが、まあ世の中そんなものですね。(意味不明)

Vimに対する疑問点

使いなれたエディターも便利だから捨てがたいのですが、、、、Vimラー(というかどうかは不明)への道は険しい・・・・


前の記事へ | 次の記事へ